経営サポート

ソリューションサービス

当行は、お客さまのライフステージ等に応じ、お客さまの立場に立った最適なソリューションを提案し、お客さまと協働して実行することを基本方針としております。
お客さまが抱える様々な経営課題等に関するご相談・ニーズに適切に対応するため、本部内のお客さま支援部ソリューション支援室に専門的知識を有する職員を配置することで、お客さまに最適なソリューションの提案やファイナンス支援等に取り組んでおります。
また、必要に応じて経営革新等支援機関及び行政、税理士・公認会計士・弁護士等の外部専門家との連携に努め、コンサルティング機能や情報提供機能を積極的に発揮することでお客さまの経営改善や成長発展の支援を徹底してまいります。

事業承継・M&A

事業承継や相続対策ニーズのあるお客さまに対しては、提携している税理士や公認会計士等と帯同訪問を行なってご相談にお応えしているほか、M&Aニーズのあるお客さまに対しては、お客さま支援部ソリューション支援室内の「M&Aシニアエキスパート認定制度」※による有資格者にて、仲介業務を行なっております。
今後も事業承継ニーズのある経営者の意向を踏まえた上で、相続対策支援、M&Aのマッチング支援、事業承継時の資金需要対応等を通して、事業承継に関わる課題解決支援を行なってまいります。

※「M&Aシニアエキスパート認定制度」とは、中小・零細企業の適切・円滑な事業承継・ビジネスマッチングを支援する人材、とりわけ事業承継対策の重要な選択肢の1つであるM&Aに精通した人材の養成を図ることにより、中小・零細企業の経営の安定・持続的成長、経営者・従業員の生活基盤の安定等に資することを目的とし、一般社団法人金融財政事情研究会が創設した制度です。

株式会社日本M&Aセンターとの業務提携

M&Aによるお客さまの経営課題を解決する手法を一層強化するため、本業務に関する各種ノウハウや全国的なネットワークを有する株式会社日本M&Aセンターと業務提携しております。 本提携により、多様化するお客さまのニーズにより一層お応えしてまいります。

ビジネスマッチング

さまざまな形でお客さまにビジネスマッチングの場を提供できるよう積極的に取組んでおります。

HOWAビジネスナビ

お取引先の経営強化を図るため、お取引先のビジネスマッチング情報ニーズを当行全店で共有化し、本支店間および業務提携先と情報交換を行うことで、お取引先へ仕入先、販売先、技術提携先、業務提携先などのビジネスパートナーとの出会いの場の提供や紹介を行うものです。
情報のメンテナンス、ビジネスマッチングに関する企画・運営等については「ビジネスマッチングサポートデスク」を配置し、対応しております。

ビジネスマッチングサポートデスク
お問い合わせ先:097-534-2613

販路拡大支援

平成28年1月に、西日本シティ銀行、長崎銀行、十八銀行、佐賀銀行との共催で「東急ハンズ博多店5周年&長崎店開業記念商談会」を開催しました。
東急ハンズ博多店・長崎店のバイヤーをお招きし、食品、雑貨・生活用品、九州ならではのお土産品・民芸品・工芸品等の個別商談や東急ハンズ店舗内でのイベント実施提案の機会をご提供しました。
また、平成28年1月、大分県と公益財団法人大分県産業創造機構が主催する「大分県産品求評・商談会2016」に協賛企業として参加しました。 本商談会では、大分県内に本社・工場等の関連施設がある食品製造・加工業者により、大分県内で製造・生産された加工品・惣菜・菓子等の食品を対象として、 全国の百貨店や量販店等の食品バイヤーとの商談が行なわれたほか、出展者が希望する商品について、バイヤーから商品改良のヒント等をいただく商品求評会も行なわれました。
平成28年6月には、「地方の食品」を扱う地元企業にスポットを当て、広く地域の食関連産業の育成と発展、地域経済の活性化を後押しすることを目的とした「地方創生『食の魅力』発見商談会2016」を開催しました。 当行を含む第二地方銀行30行とリッキービジネスソリューション株式会社の共催で、TRC東京流通センター(東京都大田区)にて開催した本商談会には221社が出展、当日は2,200名を超えるバイヤーが来場し、全国に向けた販路開拓に繋がる機会となりました。
引き続き、お客さまの販路拡大や商品のレベルアップにお役立ていただける様々なご支援や情報提供に積極的に取り組んでまいります。

商談会の様子 商談会の様子

創業・新事業支援

地域における新事業・新技術に取組む事業者を支援するため、大分大学と連携した「技術相談会」・「産学連携支援サービス」の実施、大分県産業創造機構により創設された「大分県ビジネスグランプリ」の各賞受賞企業への支援、 マーケティングやマネジメント知識、自治体の各種支援制度・補助金等に関する情報提供、事業計画の策定支援等に継続して取り組んでおります。
また、日本政策金融公庫と協調した創業支援融資等を行なっているほか、平成27年6月よりお取扱いを開始した「ほうわ地方創生支援資金(創業・新事業)」、優れた技術力を有するお客さまにご活用いただける「ほうわ成長基盤強化ファンド」、「九州アントレプレナークラブファンド」等を積極的にご提案しております。
さらに、平成28年1月には、大分市が策定した「創業支援事業計画」に基づき、ほうわホルトホールプラザ及び大分市内の営業店窓口に創業に関する窓口を設置しました。
「大分市創業支援事業計画」は、大分市と創業支援事業者(創業・中小企業支援機関、金融機関等)が連携して、ワンストップ相談窓口の設置や創業セミナー等の支援事業を実施するもので、 経営・財務・人材育成・販路開拓の4つの知識が身につく継続的な相談、セミナー等の「特定創業支援事業」を利用し、市の証明を受けた創業者の方は、大分市内で株式会社を設立する場合の登録免許税の軽減等の国の優遇措置を受けることができます。
当行は、創業支援事業者として、特定創業支援事業をご利用いただける体制を整備し、創業・新事業に関する相談及び資金調達支援、各種情報提供を行なっております。

産学連携支援サービス

平成16年8月、国立大学法人大分大学と「連携に関する協定書」(包括連携)を締結し、地場企業の育成、支援のため「産学連携支援サービス」を開始しました。
企業の技術・相談・新製品新技術開発・技術改良等の相談を受け付け、大分大学へつなげるサービスを行っております。
また、平成27年1月には学校法人日本文理大学、平成28年10月には学校法人溝部学園と地域発展に向けた人材育成の取組みを中心に、相互に連携を強化し、地域経済の活性化に寄与することを目的として、「連携協力に関する協定書」を締結しました。

相談申込書ダウンロード(エクセル形式ファイル)

出張なんでも技術相談会

「産学連携支援サービス」の一環として、「出張なんでも技術相談会」を毎年開催しております。平成28年度は、バイオテクノロジー・食品化学・環境関連技術・エレクトロニクス・人間工学・エネルギー・コンピュータソフトウェア・情報通信・地域社会・経営・教育・医学等の幅広い分野を対象として、平成28年11月6日に「大分大学開放イベント2016」において開催いたしました。

技術相談会の様子

チャレンジトゥザフューチャー

新事業に積極的にチャレンジしている企業のトップを、当行が提供しているラジオ番組「チャレンジトゥザフューチャー」に招き、商品の独自性や戦略を広く県民にPRしております。同番組は平成17年10月より放送を開始し、これまでに紹介した企業数は300社程で、出演企業同士の異業種交流会や展示会の開催にも発展しております。

医療・福祉・介護

医療・福祉・介護事業は、さらなる社会的ニーズの高まりを受け、さまざまな経営課題への対応を求められることが予想されます。
当行では、そうしたお客さまのお役に立つため、医療機関等への積極的な訪問活動を行い、情報収集、ネットワークの構築に取組んでおります。
また、医療情報誌「HMMR(豊和銀行メディカルマネジメントレポート)」の継続発行や医療経営セミナー等の開催も行っております。

観光

大分県では県をあげて観光誘致に取り組んでいます。
当行においても、地域密着型金融を目指す金融機関として、観光関連産業の成長・発展に向けた支援を一段と強化してまいります。

再生エネルギー事業

大分県は、再生可能エネルギー供給量と自給率が全国1位であり、また、平成24年7月施行の「再生可能エネルギー特別措置法」による「固定価格買取制度」を活用した、再生可能エネルギーに係るマーケットの拡大が期待されています。
ニュービジネスへの新規参入、遊休不動産の有効活用、環境関連事業による地域貢献をご検討の皆さま、豊和銀行にご相談下さい。

海外進出支援

中国をはじめとするアジア全域への貿易や製造・販売拠点の設置、海外生産委託等の様々な海外ビジネスに係るご支援をしております。

ビジネス支援

お客さまの海外ビジネスに関する各種ニーズに適確且つスピーディにお応えするため、コンサルティング会社1社と業務提携しております。

リスクマネジメント支援

豊富な海外拠点を有する損害保険会社及び警備会社のネットワークを活用して、お客さまの海外ビジネスをリスクマネジメントの側面からサポートするため、損害保険会社2社及び警備会社1社と業務提携しております。

補助金

当行は、補助金に関する様々な情報をお客さまにご提供するとともに、経営革新等支援機関として補助金申請のサポートを行います。

閲覧には「Adobe Reader (アドビ・リーダー)」が必要です。

PDF形式ファイルをご覧いただくには、Adobe社が無償配布している「Adobe Reader(アドビ・リーダー)」が必要になります。
PDF形式でご提供している文書名等をクリックしても文書等が表示されない場合は、下記のアイコンをクリックして、Adobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。

Get Adobe Reader

このページのトップへ